茨城県


県庁
  • 茨城県は、日本列島のほぼ中央を占める関東地方の北東にあり、東は太平洋をのぞみ、北は福島県、西は栃木県に接し、南は利根川をもって千葉県、埼玉県に界しており、首都東京の中心から県南の取手市は、40q、県都の水戸市は、100qの圏内にあります。人口は約300万人で、44の市町村からなっています。

  • 以下は、昭和38年3月に制定された「県民の歌」の歌です。近頃では、小学校でも歌わなくなったようですが、私が小学校の時は、ちょうど歌が出来上がった時期でもあり、よく歌いました。(歌わされた?)



気になるスポット

  • 茨城県は、地震は多いけれど、それ以外の自然災害が少なく(平成23年3月11日の「東日本大震災」でそうとも言えなくなりました。) 、気候も比較的穏やかで住みやすい所です。ただし、栃木のように、観光名所が少ないと言われますが、ここ一番という所は有りませんが、下の写真(偕楽園)のように、気になる(見どころ)スポットがけっこうあります。




偕楽園

   茨城町


茨城町役場
  • 茨城町は、県都水戸市の南に位置する人口(約)36,000人の街です。1999年3月、県庁舎が笠原町に移転し、さらに県の重要な位置にまた近づきました。町には涸沼前川、涸沼川、寛政川の3本の川が流れ、東端に位置するしじみの美味しい涸沼に流れて行きます。2000年3月18日に開通した、北関東自動車道の2つのインターチェンジによって、更なる発展が期待されます。







  • 位置

  • 茨城町は、県の中央、水戸市の南に位置します。

  • 涸沼

  • 茨城町の観光名所「涸沼」の紹介です

  • 千貫桜

  • 徳川光圀が千貫の価値があるとした称した桜並木

  • 大戸の桜

  • 樹木は老齢化しましたが、国の天然記念物です。

  • 勘十郎堀

  • 松波勘十郎が作ったとされる運河

  • 郵便番号

  • 茨城町へお手紙を出す方、こちらを参照して下さい。

  • お店情報

  • 茨城町のお店一覧です。

  • 北関東自動車道

  • 2000年に開通した北関東自動車道のことです。

  • 小幡北山埴輪製作遺跡

  • 小幡北山埴輪製作遺跡のことです。

  • 茨城町雑記

  • 茨城町あれこれです。

   長岡


長岡
  • 茨城町の北で、県都水戸市と境界に位置したところが長岡です。のどかな反面、北関東自動車道のI.Cがあり、国道6号もありと生活に便利な街です。

  • かつて長岡は、水戸から江戸への要所であったようで、本陣や脇本陣、旅篭屋など宿場関係の施設やさまざまな商売、営業の店が軒を並べ、宿場として栄えました。記憶は定かではありませんが、桜田門外の変に向かう水戸の浪士は、この長岡で決起を誓ったと言うことです。その時、歴史はこの長岡から動いたのかもしれません。








  • 注)桜田門外の変
  • 幕末の世情は騒然としていた。日本に対する西洋諸国のさかんな開国の強要にとまどい、国内の尊王讓夷論や国学の振興が討幕論に発展し、幕閣がなすすべもなく混乱を重ねていた時代に、井伊直弼は大老職を引き受けた。埋木舎に300俵の捨扶持で彦根牛といわれた直弼が大老になると、通商条約調印に直面した。勅許を願いでたがなかなか返事がなかった。ついに無断調印をした。そこで、反対派が不穏な行動にでた。直弼は討幕を計画した梅田雲浜・橋本左内・吉田松陰・頼三樹三郎らを捕え、死罪にした。これを安政の大獄という。万延元年(1860)3月3日の朝、直弼が登城のため、楼田門にさしかかると、水戸の浪士が飛び出して大老の首をはねた。雪の日であったという。これが、桜田門外の変で、江戸末期の最大の事件であった。














  • 長岡の桜です。

  • 国道6号

  • 長岡を通る通称“ロッコク”

  • 第二小学校

  • 長岡にある小学校です。

  • 茨城町東I.C

  • 長岡を通る北関東自動車道のI.Cです。

  • 木村昭家住宅

  • 長岡にある木村昭家住宅です。

  • 水戸浪士の毛塚(楠公社)

  • 桜田門外の変に関わる塚です。

  • 長岡雑記

  • 長岡のあれこれ、あちこち